初心者におすすめ!泣ける感動 新海誠監督作品 ランキングベスト5

新海誠動画ランキングベスト

ついにTV朝日で新海監督作品がTV放映されるらしい。
それを記念して、個人的 新海誠作品ランキングベスト5の動画でも紹介してみたいと思う。

新海誠監督といえば、2016年の大ヒット映画「君の名は」で一気に知名度を上げたアニメーション監督だ。
だが、アニメファンの間では新海誠監督は結構古くから知られたクリエイターだった。
また、アニメファンだけでなく、ゲームファンの間でも新海誠という名前は有名な人物だった。

ゲーム会社時代

当時ゲーム会社「Falcom」で、新海誠氏が会社員だった時代から、その透明感のある映像美はゲームファンの間で人気だった。
ゲームファンの間では人気タイトルだった「イース」のOP動画などを手がけていた。

その後は、美少女ゲームなどのOP動画も手がけており、新海誠作品だというだけで、売れたりしていた。
そんな新海誠氏が、同人動画を制作し始め、短編動画部門で賞を獲得してからは、アニメファンの間でも話題になっていった。

アニメファンにも有名に・・・

そして、新海誠の名前がいわゆるオタク界隈で話題になったころ、初の長編アニメ「ほしのこえ」を公開し、一人で製作したことが話題になった。今回はそんな新海誠監督が今まで公開してきた動画の中から、私的ランキングベスト5を選んでみた。

第5位 ほしのこえ


なんてったって、たった一人ですべて作ったというのは当時、衝撃だった。
しかも、ハイクオリティな美術、ストーリーも少しせつない物語で、余韻を残すものだった。
すでにこの頃には新海誠節とも言うべきものは確率されていた。

第4位 秒速5センチメートル


とにかく、お話がせつなすぎる。ネット界隈では鬱になるアニメとしても有名。
この頃には長編アニメの製作に慣れてきており、クオリティはかなり高くなっていた。
音楽と、映像のマッチのさせかたもここらへんからかなり精度がよくなっている。

第3位 Wind -a breath of heart-


ゲームのOPだが、当時、この透けるような夕焼けに鳥肌ものの感動をしたものだ。
ゲーム自体も泣きゲーとして、また某コピペになるほど有名なといつめという超長いセリフなどでも有名になった。
基本的にOPの動画職人だった新海誠監督なので、このゲームのOPの音楽とのマッチっぷりは天才的だった。

第2位 ef – the first tale.


Windで感動的美しさのOPを作成後、さらにクオリティをましたのがef。
この頃には新海誠監督の君の名はで特徴的な雲の雰囲気とかがよく出ている。
こちらも泣きゲーとして有名。まぁ、私はゲームより、OPばっか見てた記憶しかないが・・・
アニメ版もあり、こちらも美しい映像だが、新海誠監督は加わっていない。(監修はしてたらしい)

第1位 彼女と彼女の猫


新海監督、アニメデビュー作。
映像は前編、モノクロなのだが、それゆえにより詩的な映像になっており、新海誠監督の特異性がこの作品に詰まっている。
この作品で、賞をとり、新海誠の名前をアニメファンの間にも知らしめた。
切ないストーリー、実車的背景美術、詩的な展開。すでに新海誠節のすべてがここにある。

どうだっただろうか?
映画作品しか知らない、新海誠初心者の方々は、ぜひ、これらの動画も見てみてほしい。
しかし、君の名でここまで上がっちゃうと、次回作のプレッシャーが大変そうだ。
いっそまたゲーム業界に戻って、最高傑作となるOP動画を作ってみてほしいものだ。