常識を捨てろ!がんばりすぎ の 日本 に新 成功法則 努力不要論!

新成功法則 努力不要論

ブラック企業でがんばりすぎる日本人

ブラック企業での自殺や、サービス残業とかやたらとがんばりすぎる日本のサラリーマン事情。
がんばることは美徳とする、国民性ですが、ここ最近はそれが行き過ぎるところや、その美徳を悪用する雇用者側の問題がでてきている気がします。

そんながんばりすぎの日本には新しい仕事方法が必要なのかもしれません。
この「「超」努力不要論。」では「なまけものだから、成功できる。 成功したければ、努力をやめろ! 」という、今までの日本の美徳的がんばりを放棄を歌った新成功法則論です。

新成功法則は常識外のことばかり

超努力不要論の内容を見てみると、
・もう、がんばらない。絶対に努力するな!
・苦労は買って出るな!
・最も抵抗の少ない方法で成功を引き寄せろ!
・前向きにサボれ!!
・小銭稼ぎをやめれば、お金が引き寄せられる
などなど、今までの常識を覆すことばかり。

でも、考えてみたら、成功してる人達は、常識を破ったやりかたをして成功しています。
つまり今まで、がんばることで成功してきた人を見習い、皆ががんばった結果、それが当たり前になってしまったのです。

では、そこから抜けるにはどうすればいいか? 答えは簡単ですね。皆ががんばってることを常識としているなら、がんばらないという非常識を取ればいいわけですね。
非常にシンプル。つまり、私たちは今までの成功例で言われている、「がんばれ」という言葉に洗脳されているのです。

がんばれという洗脳から解かれるには?

この超努力不要論の中では次のような内容もあります。
・なぜ、楽しくないことで夢を叶えようとするのか?
・努力・根性論は机上の空論に過ぎない
・できないことが多くても成功できる

これらは実は今までの成功者が実践していることばかりです。
楽しくて発明の実験にあけくれたエジソン。できないことが多くてもそれを目指したり、または、放棄し、別のやり方を模索する。
これは大事な要素なのです。ただ闇雲に努力するのではなく、成功に向かうための方法をしっかり練り込むのが成功者のやり方です。
日本のがんばれ!は闇雲な努力・根性だけを求めており、大変非効率なのです。

ありのままの自分で。世間の常識をがんばらない。

ついこないだ流行った映画「アナと雪の女王」のありのままにという歌詞。
まさにこれが今求められる、新しい成功法則の基本なのです。超努力不要論ではさらに次のような内容もあります。
・イヤな部分、変えなくていいです!
・力むのをやめて、「楽に・楽に」生きろ!

つまり、まさに「ありのままに」自分らしく生きればいいのです。あーしろ、こーしろ、こうでなくちゃいけない。
そこに成長や変革はありません。そのまま今までのやり方を続ければ、いずれ下降線をたどり、崩壊します。
ありのままにあれば、そういった制約からときはなれ、変革をもたらすことができるのです。

がんばらない成功論とは?

つまり、
常識にとらわれる=がんばれ!努力しろ!
常識を超えた変革=がんばらない。ありのままに
なのです。

自分の生き方や、会社での仕事の仕方、今、ここで見直してみるのはいかがでしょうか?
あなたは、がんばりすぎていませんか?