プログラマー35歳定年説は本当だった!

プログラマー35歳説は本当だった
プログラマー35歳説は本当だった

プログラマー35歳説は本当だった!

よくネットでIT土方は35歳になると切り捨てられるとか、
先がないお先真っ暗だ。人生詰むとか・・・まぁ、ネガティブな印象が多いんですが。

特にプログラマー35歳説は有名で、それが元で新卒がこないとこもあるとかないとか。
しかし、実際にプログラマーやってる実感は以下の流れっぽい感じ。

・20代 朝までプログラムやってても平気。1日18時間プログラムして睡眠3,4時間とか余裕。

・30歳 徹夜とかやると翌日にダメージが・・・。疲れが取れにくく、1日5時間以上寝ないとダメ。3,4時間しか集中できない。

・35歳 徹夜とか無理。途中で寝ちゃうか、仕事にならない。1日6,7時間寝ないと一日集中が弱る。2時間集中して休憩して・・・でないと無理。

こんな感じ。ちょっとおおげさに言ってますし、個人差もあり、僕よりもっと年上でも徹夜OK!とか言ってる強者もいます。
あとは、集中と言ってますが、この集中力にも差があると思います。

おもいっきし集中して、まったく周りの声も入らないような棟方志功みたいな職人的集中する人と、
いわゆる一般的集中力でもだいぶ違うので、そこらへんもまた年代によりできるできないや、できる時間も変わってくる気がします。

プログラマー35歳定年説は本当だった! | つい全力ツッコミしてしまうエンジニアCEOのブログ